×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【我流】1000時間ヒアリングマラソンを効果的な使い方

1000時間ヒアリングマラソンの概要

英語習得には1000時間を費やさないといけない。
この定説となっている、考え方からヒアリングマラソンができています。

 

1000時間ヒアリングマラソン

 

1日3時間英語を聞き続けることは用意ではありません。
そこで、アルクは最新の有名人のインタビューを掲載をしている内容を毎月聞ける有名な教材としてヒアリングマラソンを作りました。

 

1 毎月テキストとCDが届く
2 多聴と精聴の両面で勉強できる構成となっている
3 ハリウッドスターなどのインタビューが掲載をされる

 

教材内容
6ヶ月コース 年間30240円・月5040円(1日168円)
12ヶ月コース 年間53784円・月4482円(1日150円)

 

ヒアリングマラソンのメリット・デメリット

気になるのがこの良いことと悪いことでしょう。

 

メリット
さまざまなニュースやインタビューを掲載をして、読者に興味が湧くような構成となっています。
これを1年飽きないように配信をされます。

 

デメリット
1日3時間ということを継続をするというのは覚悟が必要。
英語のナチュラルスピードが早いので、これから英語を勉強をしようとする人はしっかりと勉強をしないといけない。

 

では、どう考えたらいいのか。

 

1日3時間という目標は当初は捨てることです。
当初はできるだけ、コツコツと勉強をすることを考えるのです。

 

英語習得法は計画から

1日3時間というのは学生の目標です。
社会人には難しいと思っていいでしょう。

 

そこで、細切れにCDを聴くことをおすすめします。

 

特に昼休憩などを有効に活用しましょう。
社会人であるメリットは少しお金が学生よりあることでしょう。

 

その意味で、飽きない教材を活用することが重要です。

ヒアリングマラソンの学習プロセス

 

毎月届く教材をざっくりと目を通す
学習計画をテキストを読みながら立てる
CDを聞きながら、おもしろいパートを集中をして学習を行う

 

どうして、ヒアリングマラソンは人気なのか

ヒアリングマラソンが毎月届くことでとにかくやる。
この仕組を作ることがデキるからです。

 

長続きをしないという人にひと押ししてくれるというアルクの人気教材です。